ホーム / 安心・安全

安心・安全

安心・安全の情報一覧

PMS委員会

市販後の品質や有効性、安全性の確保を図る

 PMS委員会の仕事の主題は、「製造販売後安全管理の基準(GVP省令)に基づく適正対応の推進」、「不具合用語の標準化に関する検討を法規関連委員会及び人工呼吸器等の機器別委員会と連携する」となります。委員会活動は原則として隔月に開催し、医機連のPMS委員会、関連行政との情報交換を行いながら、PMDAウェブサイトへの添付文書掲載を推進し、機器の安全性を向上させる活動を実施しています。
 また、医機連の不具合用語WGを筆頭に各分科会WGに積極的に参加し、医療機器安全性の向上に努めています。

PMS委員会

EMC安全委員会

医療機関内での安心・安全な医療機器の
使用指針等の策定に貢献

 医用電気機器の「電気安全性」、「電磁両立性」に関する規格改正(IEC 60601-1-2 Ed.4改正、IEC 60601-1-2 Ed.4 JIS化作業、CISPR 11 Ed.6 改正)の技術的検討を行い、医療機器開発において必要な最新規格情報を会員に周知します。
 総務省事業の検討会(「漏えい電波からの無線設備保護の技術的条件に関する調査検討会」、「電波の医療機器等への影響に関する調査の有識者会議」、「漏えい電波からの無線設備保護の技術的条件に関する調査検討」)に医機連加盟団体として協調し、各種調査報告書等作成作業に協力します。

EMC・安全委員会

麻酔機器委員会

麻酔機器の一般的知識の啓発、普及に努める

 麻酔機器の一般的知識の啓発と普及が、麻酔機器委員会の活動の大きな柱となっています。また、他の分野との協同により麻酔機器の安全性の向上、国際規格の動向などに沿った活動を行い、医療関係者に向けてさまざまな情報を提供しています。
 麻酔機器の安全使用に向けた点検・保守のガイドライン作成なども行ない、医療機器の保守点検に関する提案、そしてその実施を促進していきます。
 6月8日、9日に神戸において日本麻酔機器学会が開催されました。

麻酔機器委員会

手術用メス委員会

2017年10月、「手術用メスの安全セミナー」を開催

手術用メス委員会では電気メスや超音波手術器などの手術用機器をテーマとして、これらの安全に関する情報、JIS規格を始めとする国内外の規格並びに国内法規制の動向等を取扱い企業に提供しています。
また、2017年10月には外科系医師や手術室スタッフを対象とした「手術用メスの安全セミナー」を静岡県浜松市で開催する予定です。

手術用メス委員会

過去のトピックス一覧