工業会について


当工業会は、日本の医療の進歩を支える安全な医用機器の供給、及び日本の医療機器製造業界の健全な発展を目的に、1974年「日本医用機器工業会(JAMEI)」として設立された。その活動は、医療機器業界の実態調査、各種情報の収集、ISO、JISの標準化作業、GHTFなど国際化への対応、講習会やセミナーの開催など、多岐にわたる。2009年、工業会のさらなる主体性の確立強化、情報発信機能の向上を図るため法人格を取得。日本における医療機器業界を強いイニシアティブのもとに牽引し、その育成・発展に努めるため「一般社団法人 日本医療機器工業会」として新たなスタートを切った。

産業としての医療技術や医療機器は、今や現代医療にとって不可欠な存在であり、その進歩・発展は医療の進歩そのものといえる。また、医療はさまざまな技術の複合によって成立するものであり、医療機器の規制緩和や国際的な規格基準の整合化のもとに多種多様な技術や機器が、バランスよく発展することが望まれている。当工業会の活動としては、従来のものに加え「統計資料の充実による発言力の強化」、「マスメディアへの積極的情報発信」、「医療機器事故被害救済制度の設立」、「工業会会員による事業立ち上げ」、「行政への要望・提案」などを実施する。長期的視野に立ったさまざまな活動を通じ、医療機器産業を日本の基幹産業とすべく努力する所存である。

医療は、技術が高度化するほどそれに対応した多種多様な医療機器のニーズが高まる。さらに、先進国での高齢化の進行、開発途上国の医療水準の向上など、今後の市場拡大も見込まれている分野である。医療機器産業は、グローバル化社会にあって間違いなく成長産業、将来の基幹産業としての高い可能性を有している。現代のキーワードは「医療、環境、省エネルギー」と言われ、また「患者安全を見すえた国民の健康・福祉の向上」とも言われているが、当工業会は、そうした社会的使命に基づいて積極的に活動していく。

シンボルマークについて

最初の文字「J」と最後の文字「I」に位置する二つの球体は、最初に行われる「開発」から機器の性能維持に不可欠な最後の「メンテナンス」にいたるまでの全工程を意味している。そしてその二つの球を、無限の可能性を記す「∞」で結び、当工業会の視野の大きさ、工業会会員の幅の広さ、さらに医療機器産業の限りない希望を示している。色は積極的な活動を象徴するレッド、そして清潔感と調和のとれた理性を象徴するグリーン。それを全体的に結びつけることで、工業会会員同士の連携や相乗効果も表現している。